トップ » 経営改善に必要なこととは
バリネコ
世界のお守りブログパーツ

経営で重要なPDCAサイクル

経営において、PDCAサイクルという用語があります。これを行うことで、継続的に事業を改善していくことができます。Pは、Planで実績や予測等などで、事業計画をします。次にDですが、これはDoで計画したことを実行していきます。CはCheckで、実行したことに対して評価をします。最後のAはActを意味するもので、どういった部分がダメだったかなどを改善します。これらが、一周したら次は前回の結果をもとに、またPlanから始めていきます。このPDCAサイクルを行うことで、企業を継続的に改善していくことができます。経営がうまくいっていないという方は、こういった手法を取り入れて、改善を図ってみるのも一つの手です。

PDCAサイクルを取り入れる

経営に行き詰ったときに、初心にもどって取り入れるべきものの一つにPDCAサイクルというものがあります。営業や、他部門全ての従業員一人一人に徹底させることで、仕事の効率が高まってきます。まずPDCAサイクルとはなんなのか。ですが、plan、do、check、actこの流れを徹底していくことです。planで計画を立て、doで実行する、checkでdoまでを振り返り、actで改善させていきます。言われれば簡単そうですが、一人一人に徹底させていくのは、難しいです。だからこそ、徹底して行っていくことが経営改善には必要となってきます。