トップ » 手形割引を現金化する
バリネコ
世界のお守りブログパーツ

手形割引の利便性と問題点

企業間の決済に用いられる手形。銀行小切手と違い、決めたれた期日にならないと満額現金化できなものですが、どうしてもすぐに現金化したい場合に用いるのが手形割引という方法です。これは、銀行であれば融資取引を行っている企業が持ち込む手形を手数料や期日までのリスクを考えて割引して現金化することです。また、貸金業者より取引銀行の方が割引率は低く、現金化を行うのであれば銀行の方が有利なケースが多いと思われます。手形割引等で額面通りの現金が得られないことからも、中小企業では手形決済を敬遠するケースが多く見られます。