トップ
バリネコ
世界のお守りブログパーツ

経営における見える化の重要性

「見える化」という言葉は、主に生産現場のカイゼン活動の成果を表す手法として定着してきましたが、単に現場のモチベーションアップに留まらず、会社経営全般にも効果的なツールとして機能します。方針を伝えるのは、社長の言葉です。しかし、ある程度の規模になれば、社長が毎日口酸っぱく指導できることなどできません。この時に、例えば、営業の進捗を「業界の何位の会社(X軸)のどのレベル(Y軸:部長か、課長か、係長か)と話ができている」という情報をグラフ化していれば、その案件の進捗と想定される将来の売上が一目瞭然になります。こうした指標を「見える化」することで、会社経営が重視している項目と社員が行動すべき方向性を明確化することができるのです。

重要になる業務の見える化

近年において社会は情報化が進むことによって非常に複雑性が増しています。これに伴い、企業は今様々な試みによって自らのビジネスを推進させているのです。この際、経営戦略にとって非常に重要になることは業務の見える化です。企業のサービスは高度化する市場にニーズを満たすために多様性が増しており、今企業内業務に関しては複雑性が非常に増しています。現代の企業においては、このような状況においても正しい方向性を示して行くことが経営の責任と課題になっており、このような正しい判断を維持するためには、業務の透明性を向上させることが重要となっているのです。